Souan

ギャンブル依存症が、草案程度完成未満のことがらをつづる程度

ゲームをしてて

自分の居場所のようなものを感じます。
ただ一人ギャンブルに狂ってたあの時期、
やめたくてもやめられない、苦しいのにまたいってしまう。
まわりも巻き込んで破滅、自分が一番気づ付いたふり。
結局すべてをなくしてもなお、この欲求が抑えられず苦しい思いをする。
こんなことならやらなければよかった、知らなければよかった。

そんなときやっぱりゲームに戻ってきて、気の置けない仲間たちと話たりすると
本当に心が軽くなります。

遊びとしてできるならそれでもいいのかもしれない。
楽しいと思う瞬間もなかったわけではない。
でも、それ以上に抑止ができない自分が情けない。

今あるこの場所を大切にしていければいいと思います。
乱文すぎてなにを書きたかったのかまとまらなかった・・・・。